シアリスの持続時間が長い理由

シアリスは、いわゆるED治療薬の一種ではありますが、他のED治療薬と比較した場合に、効果が存続する時間がたいへん長時間にわたるというのが特色となっており、そのために世界的なシェアを広げている製品であるといえます。
その時間の長さですが、たとえば他のED治療薬であれば、服用してから5時間程度しか効果が発揮できないようなものもあるなかで、シアリスであれば、最長の場合で36時間にもわたるという結果となっています。
このシアリスの持続時間が長時間にわたる理由ですが、ひとえにその有効成分の違いにあるといってよいでしょう。
現在開発されているED治療薬というのは、いずれもPDEと称される、性器の平滑筋に存在している酵素のはたらきを阻害することによって、ED症状を改善するという役目を担っていますが、シアリスの有効成分については、他のED治療薬とは分子構造が異なっています。
こうした有効成分は、時間がたてば肝臓のような臓器で代謝、分解されて別の無害な物質に変化させられ、やがて尿などとして体外に排出されてしまいます。
そのために時間がたてば効果がなくなってしまうのですが、シアリスの場合には、分子構造が幸いして、代謝がゆっくりと進むため、長時間にわたって効果を発揮することができるというわけです。
ただし、気をつけなければならないのは、シアリスの効果が残っている時間内に、他の病気に用いるような医薬品を併用して、副作用が生じる可能性もあることです。
たとえば、狭心症で用いられる硝酸剤などを併用してしまった場合、相互作用によって強力にはたらきすぎてしまい、突然に血圧が低下して、意識がなくなってしまうといったことにもなりかねません。
■誰にもバレたくない人はこちら
シアリス20mgの通販
■こちらはシアリスと同じ成分で作られています
メガリスの成分について